FC2ブログ

めざせ!巨大像

こんばんは!宮下です!

今年は夏休み盆休み無しで8月は通常通りの営業をさせていただきます!

ですがこの月曜火曜は宮下は連休をいただき淡路島にバカンスへ

淡路島、近いですがじっくり遊びに来たのは初めて!
色々と淡路島まわりましたが今回のブログは淡路島の謎の巨大像をピックアップです!

明石海峡大橋を渡り淡路島に突入


さっそく像を発見!

そこそこ大きな像でしたがこれではなかったです^^;

巨大があるという噂のという町を目指してると…



めちゃくちゃでかい!!

怖いくらいでかかったです!(;゜0゜)


Wikipediaより

平和観音寺(へいわかんのんじ)は、兵庫県淡路市釜口にある寺院、博物館。正式名称は豊清山平和観音寺。世界平和大観音像が高さ100mと建造当時世界最大の像として話題となるも2006年2月26日に閉館、廃墟として現存する。宗教法人の認証は得ていない。
大阪市西区を中心にオフィスビル、賃貸マンション、ビジネスホテルなどの経営で財を成したオクウチグループの創業者、奥内豊吉が私財を投じ出身地である淡路島に1977年に建立したものである。100mの巨大な観音菩薩像が主要な施設である。唯一台座部分の1階が豊清山平和観音寺となっており本尊が祀られる宗教施設の観を呈するが、上階ならびに地階のほとんどは奥内の個人コレクションからなる博物館であり、観音像の首の下付近は奥内が生前実業家として活躍した大阪の町や大阪湾を一望する展望台となっているが、この場に立つと強風の日などは大きく揺れるありさまであった。また、この展望台がむち打ち症治療用のギプスを連想させることから「むち打ち観音」の異名を持つ。内部4階にはかつては「海の見える展望レストラン」も存在したが、経営が傾きだしてからは休業したままであった。観光客誘致目的で建立された当初、多い日には2000人の来客を集めたものの、この異様ともいうべきパラダイス風な展示内容が一部好事家らにマニア受けしたほかは、一般観光客や観光業界、地元からは異端視され、管理のお粗末さも手伝い顧みられることなく、1988年に奥内が死去、夫人が遺志を引き継ぎ営業を継続するも2006年死去し閉館。次第に廃墟への道を歩んだ。

敷地内には十重之塔(高さ約40m)、五百羅漢像、「自由の女神」のレプリカ、D51型蒸気機関車(D51 828)も置かれる。

奥内豊吉およびその妻の死去後、廃墟となった後は管理者の所在が把握できず全く管理されておらず、落下物が周辺に落ちるなどのトラブルが多々発生するが、権利関係により撤去は進まず、地元では問題となっている。アメリカのリーマン・ブラザーズ系の金融機関が一時債権を保有したが、2008年9月に世界金融危機により会社更生法を申請、別会社へ債権が移行。神戸地裁により2007年から2008年にかけて競売にかけられたものの入札者がなかった。倒壊の危険もあるため、2009年5月には世界平和大観音像検討委員会が設置された。2011年9月に淡路市によって内部の立ち入り調査が行われ、大観音像台座の入り口封鎖や、十重之塔の屋根に葺かれた銅板の飛散防止対策などが行われた
スポンサーサイト



リ・自炊

こんばんわ!松山です☆

明日はサロンリリック定休日です!

雨ですって(泣)

翌第2火曜は宮下がお休みを頂いております!
ご予約の際はご注意下さい!


今宵は、休み前にしては珍しく、

先日紹介したロハスカフェさんにインスパイアされ、自宅にてキムチパスタ模索です。



キムチ生クリームコンソメ、隠し味にお醤油足らしていいかんじーです( ̄▽ ̄)

特大どんぶりメガサイズです(笑)

悪くない!


明日はどうしよ、雨よ去れ!

松山でしたー
プロフィール

サロン・リリック

Author:サロン・リリック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
人気記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR