松休み~瀬戸内海島巡り~

松山です☆

絶賛夏期休暇中です(9/18金までです)。

ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承の程よろしくお願いします。

さて、今年の遅めの夏休みは何をしていたかというと、

岡山県から瀬戸内海の島巡り(犬島・豊島・直島)に行ってまいりました!!

写真が多いので一気にいきますが…(説明はWikipedia先生にお願いします。)



びゅーんと車を走らせて…(この時は快晴でしたが終始曇り空でした…)



こちら。



高速フェリーに乗り継いで…











犬島へ。

※犬島(いぬじま)は、岡山県岡山市東区西大寺(区本庁管内)の岡山水道南東部にある島、および当地を含む犬島諸島全域からなる地域(大字)。犬島諸島中で最大の面積を有し、また諸島では唯一の有人島であり人口は54人(平成22年)である。加えて、岡山市では唯一の有人島である。郵便番号は704-8153。犬島諸島全体との差別化のため、犬島本島とも呼ばれる。



犬。





犬?



犬!!!!!

※2004年より「犬島時間」というアートプロジェクトが行われており、毎年夏頃(2011年より5月ゴールデンウィークに変更)に「犬時時間」というアートイベントを開催している。犬島の夏の恒例行事として賑わいをみせている。














古き良き街並みの各所に現代アート。

ちなみに僕は行ったもののそこそこアートに疎いので詳しい解説はしません。

犬島は猫が多いと聞いてたんですが(旅の主旨としては猫を撮りに行った)、

もうほんとにが多い。



そして島同士を渡るフェリーを乗り継いで…

豊島(てしま)へ。

※豊島(てしま)は 瀬戸内海の東部、小豆島の西方3.7kmに位置する島。直島諸島に属す。



島内は命を刈り取る角度の上り坂と道のりなのでレンタサイクル(電動)やバイクが必須。



今回の旅で単純に一番オススメしたくなったのが、豊島美術館

※瀬戸内海の島々を舞台にした瀬戸内国際芸術祭が開催中であった2010年10月17日に開館。豊島北東部の海を望む丘陵地に建設された。上空から見た形状は水滴をモチーフにしたもので、建物上部には2つの大きな穴が開いており、外気や太陽光が建物内部にまで入ってくる構造になっている。

建物内部には内藤礼による「母型」という作品が展示されている。建築と一体となった作品で、周囲の環境や時間の経過により変化をしていくものとなっている。


???




(撮影禁止のものはハンドブックを撮影)

予備知識無しで何のこっちゃと思いながら行ったぼくですが、

これは、

1日中いたいし何度でも訪れたいと心底思いました。

是非。











豊島は猫が多かったので満悦。





※「心臓音のアーカイブ」は、これまで集めた世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる小さな美術館です。ご自分の心臓音をここで採録することもできます。



そして最後に有名な、

直島

※直島町(なおしまちょう)は、香川県香川郡に属する町。瀬戸内海上に浮かぶ直島を中心とした直島諸島の島々で構成される。









見たことあるやつですね。

地中美術館へも行きました。

※地中美術館(ちちゅうびじゅつかん、Chichu Art Museum)は、瀬戸内海に浮かぶ離島・直島(香川県直島町)にある香川県の登録博物館。運営は、公益財団法人福武財団。わずか3人の作家の作品を恒久展示し、個々の作品ごとに、作品を体感する建築空間を構成している。作品と建築・展示空間が一体となって切り離せないところに特徴がある。



※ウォルター・デ・マリア 「タイム/タイムレス/ノー・タイム」 2004年制作
厳密な寸法とともに階段状の神殿のような大空間を構成し、その中に直径2m以上の花崗岩の球体と、金箔を施した27体のマホガニー材の立体を配置している。マホガニーの立体は、三角柱、四角柱、五角柱から同じ形状の重複を含め3本並べた組み合わせなので3×3×3=27通りとなる。スペースは東西方向に展開し、天井が大きく開いているので、日の出から日没まで上から注がれる光が変わり、作品の表情が変化する。
ジェームズ・タレル
光そのものを作品にする彼の代表作を年代ごとに展示し、展示空間もその作品を正確に体験するために彼が設計した。
「オープン・フィールド」2000年制作 壁にうがたれた青い光の満たされた直方体の空洞に頭を入れてみると、中は影の一切ない遠近感のない青い空間が無限に広がっているように感じる。


ぼくはそこそこアートに疎いので詳しい解説はしません(できません)。

「オープン・フィールド」は仰天しました。

はい。

ただ話のネタ的な感想や、珍道中、お土産話など話したいことは沢山あるので、

夏休み明けご来店お待ちしておりますー!!

松山でした☆



サロンリリックホームページ
http://www.salon-lyrique.jp


ノールサロンホームページ
http://nord-salon.jp


ノールネイルホームページ
http://nord-nail.jp


シルバイリリックホームページ
http://cil-by-lyrique.jp


スタジオフェットホームページ
http://studio-fete.jp/shop.html







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サロン・リリック

Author:サロン・リリック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
人気記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR