FC2ブログ

またまたまた読書の秋

こんばんわ、松山です!

またまた読書の秋ということで、

先日の慰安旅行のちょっとした空いた時間を利用して、

読破した本をまた紹介します!




『ロートレック荘事件』

時をかける少女などの原作で知られる、

天才・筒井康隆の手がけたミステリーです!


ロートレックとは、実在する画家の名前で、

その絵画をコレクションしている別荘、通称ロートレック荘にて起こる、殺人事件の数々…

多少難しい文章で読みづらいのですが、

読んだあとは、

確実に読み返したくなる、

また、「やられた感」のある作品でした。


色んな場面、主観が誰なのか?

「おれ」の、罠。

思い込みってコワイ、非常に面白かったです☆


ちなみにボクの好きな本達は、大体映像化は不可能です…

これも絶対むりです…

文章によって、大胆なんだけれど、納得せざるを得ない、そのトリック。


雨の日、寒い日、移動中に是非!


松山でした☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サロン・リリック

Author:サロン・リリック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
人気記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR